入口 > そこここにあることevent•exhibition•life > DOORS

DOORS

「 世界は 同時進行している 」


写真家である星野道夫さんは、高校生のときの通学中に突然「いまこの瞬間、アラスカの草原を歩いている熊の親子がいるんだ」という“気づき”に、胸を鷲掴みにされたと言います。

そして今、どこか遠くで併行して進んでいるに違いない他の時間のことを思い浮かべるときに生まれる不思議な気持ちの膨らみはなんだろう。

懐かしい記憶に触れるような、
初めての街で歩みを進めているような…


また、氏は著書の中で「自然は二つある」と書いています。

足元に咲いている花のような手を伸ばして触れることのできる自然と、心の中で思い浮かべる遠い自然です。

そんな、人の心の中にある自然の豊かさもまた、そのまま現実世界の自然に反映されてゆくのでしょうか。

この地上の隅々、あるいは宇宙で同時進行している他の時間へと想像力をひろげるキッカケというか、小さな扉のようなものは普段の暮らしの中にもあって、それらに気付いていけるかは自分次第なのだと思っています。


moblog_972a3bf3.jpg


さて、昨年末から「 URBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチ・ドアーズ) 」の一部店舗での取り扱いが始まっていましたが、先月中旬からは首都圏に続き、大阪のURD南船場店での取り扱いが始まりました。

関西方面は個人様との繋がりを除けば初めてなので、楽しみでもあります。

カトラリーのみの展開で、大小スプーン(テーブルスプーンとティースプーン)/バターナイフ/マドラーの4種類となりますが、お近くの方は是非、直に見て、触れていただけたら嬉しいです。



立春を迎えましたが、今日なんかは雪が舞い冷たい風が吹く真冬の装いで、まだまだ寒い寒いっ!

それでもやわらかい風や穏やかな日差しを感じられる時間は着々と増えていて、耳をよーく澄ませば春の足音、聞こえます♪

四季を告げる隙間を、存分に過ごしていきたいです。

2014-02-04