入口 > そこここにあることevent•exhibition•life > 初日です! ant×vibgyor×maharo展

初日です! ant×vibgyor×maharo展

【 ant × vibgyor × maharo 展 】

穏やかに晴れて、少しのんびりとした幕開けになりそうです。

今回の展示会に向けて、SHOZOオーナーの省三さんとこれまでとは違うラインとなる木の道具を作らせていただきました。

省三さんがイメージを言葉にし、僕がカタチに落とし込む。

春からそんな工程を経て出来上がったカタチはどこか僕の作るモノの中でもカッチリとしていて、むやみに逃げのできない、しっかりとした仕事を求められるものになったように思います。

持ち手にカドをつけたり、しっかり薄くするところは薄くするといったことは、これまで既製品に近いカタチになるため敬遠していたし、正直やる気すら持てなかったのだけど、それはそれの役割があり、使い心地があって、今回の木べらを通して一貫して納得して取り組めました。

だから仕上がったものはこれまでとはずいぶん違うけれど、とっても僕らしいものになったと思っています。

こういった機会を作ってくれた省三さん、出し惜しみなんかしちゃいけないんだと気付かせてくれた北の地に暮らすふたりのK、そして今、腰を据えて自分と向き合いモノを作らせてくれている土地や、まわりにいる友人知人、伝い手の方たちにあらためて感謝して、今回の展示会を自分なりの新たな出発点にできたらと思っています。

そうそう、そんな木べらには持ち手のところに色をいれました。

自然系の塗料には木目を活かして色を付けるものが多いのですが、そんな中からあえて僕は木目塗りつぶしのペンキ感のあるものにしました。

古くなったベタ塗りの積み木や木の玩具が持つ風合いが好きだからです。

また、それが省三さんとの落としどころでもあり、手仕事の中にジャンクを持ち込む遊びにもなっているような気がしてます。

色も理想よりは気持ち濃い目にして、使い込んでカドが剥げてきたときに思いを巡らす。
多くの方に見ていただきたいです。

これから順を追って革のMaharo、布糸のantについても触れていきますが、まずは初日の挨拶として自分事を書かせていただきました。

いい天気です。

週末祝日含め、是非お出掛けください。


【 ant × vibgyor × maharo 展 】

◯い糸 - ant (さくら市)
△な木 - vibgyor (黒磯)
□の革 - maharo (益子)

10月7日(金)~10日(月祝)
11:30~18:00
※最終日~17:00まで
SHOZO トナリ
栃木県那須塩原市高砂町 6-5

作家在廊
7日(金) - vibgyor , maharo
8日(土)~10日(月祝) - ant , vibgyor

注:初日はオーガニックホリデーとなり、近隣のSHOZO関連の店舗はお休みとなりますが、Maharoのスグルくんとvibgyor中塚でお待ちしてます

2016-10-07